シルバー人材センターとは

基本理念は「自主・自立、共働・共助」


シルバー人材センターは、「自主・自立、共働・共助」を基本理念に、高齢者が地域を単位に自主的に連帯して、共に働き、共に助け合っていくことを目指す団体です。


高齢者の就業による生きがいづくりを目的


  1. 健康で働く意欲のある高齢者が、豊かな経験や能力を生かして仕事をして、いきいきとした人生を 築けるようにすること、および
  2. 地域の高齢者が仕事を通じて積極的に社会参加し、家庭や地域に 活力を生み出すことを目指しています。

法律に位置づけられた公共的・公益的団体


「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」で位置づけられた公益法人であり、営利を目的としていません。
神戸市シルバー人材センターは、国・県・神戸市から支援を受けて運営されています。

センター事業のしくみ

センターでは定年退職後、就職は望まないが、長年の経験や技術を生かして働き、何らかの収入を得たい、 社会のために役立ちたいという健康な高齢者(登録会員)に、個々の能力と適性にあった臨時的・短期的な 就業の場を提供しています。
仕事は、センターが請け負い、その仕事の紹介を受けた会員が、丁寧で 質の高い仕事を遂行します。